ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

今回のページを読み進めるときに、ぜひ、頭のなかでイメージしてみてくださいね。

 

ゴルフスイングにおいて、上半身と下半身の動きはまったく別の働きをしています。

 

これは下半身を動けないようにすることで、実感することができます。
巷でよく行われるレッスンは、「足を閉じる方法」

 

rensyuuhou1

 

上半身は、回転させながらエネルギーを作ります。
しかし、人間は”楽”をしたい動物なので足の動きを封じることで、上半身の動きを理解させようとするのがこの練習法です。
しかし、ここでも”楽”をしたいので多くの人は、腕だけであげようとします。

 

そこで、図のように下半身から下は三角の物体に寄りかかっていると想像してみてください。
まず、腕だけではトップを作ることができません。
またダウンでは体を回さないとフィニッシュの形をとることはできませんよね?

 

下半身が足を揃えている時以上に不安定なるからです。

 

rensyuuhou2

 

このイメージトレーニングは、上半身の回転力ばかりか、トップから腕をできるだけ重力の方向、つまり、地面にクラブを落とすような感覚も同時に手に入るので、体が起き上がる傾向のある人にはオススメのトレーニングです。

 

また、飛距離が出ない人は、下半身の重要性を改めて体感できるとおもいますので、自宅にいるときにクラブを持たない練習法としてオススメです。

関連ページ

素振り練習① | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
プロゴルファーの中には”素振り”を一番の練習方法にあげる方もいらっしゃいます。なぜ、素振りが大切なのでしょうか?そして、素振り練習をする際に気をつけたほうがいいことがあることをご存じですか?詳しく解説します。
素振り練習②「道具編」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフスイングの基礎づくりをするためには、どんな器具を使えば効果的なのでしょうか?今回は、素振り用限定ということでいろいろ検証してみたいと思います。
正しいフェースアングルの練習法 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ボールが正しく飛ぶためには、いつもアドレスと同じ状態に戻ってくれば理論上は真っすぐ飛びます。では、どうすればその確率が高まるのでしょうか?秘密は・・・
トップでの手の位置 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
トップでの手の位置はどこなのでしょうか?という質問をよく見かけますが、理想のトップの形とはどういうものなのでしょうか?また、効率的にクラブヘッドに仕事をさせる場所はどこになるのでしょうか?シンプルに考えるとピタリと収まるようになりますよ!
左膝の角度を保つ意識 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフスイングの時に、左膝はどういう動きがいいのでしょうか?”膝の高さをかえない”とよく言われますが、体の構造上は不可能です。正しい左膝の動きを見てみたいと思います。
ゴルフ上達への一番のカギは? | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフ上達への一番のカギは何でしょうか?当サイトオリジナルでどこにも書かれていないとっておきの上達の秘訣をお伝えします。テクニックでもメンタルでもありませんよ。それは・・・
胸を右に向けた練習法 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
よくレッスン書やゴルフ雑誌に「胸を右に向けたままクラブを振る」と書かれています。体の開きを押さえるための練習法ですが、具体的にどうゆう練習法がよいのでしょうか?
体幹トレーニング(その1) | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフのためにわざわざトレーニング?そこで発想を変えましょう!ゴルフのためのトレーニングではなく、あなたの生活習慣病も克服できるかもしれませんよ。
ゴルフスイング 矯正の方法 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフスイングは常に矯正する必要があります。なぜでしょうか?そして、矯正の方法ですが、実は誰も教えてくれないことがあることをご存知ですか?当サイトで詳しく解説します。
即効 コースでのスイング矯正 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
コースで突然ゴルフのリズムが崩れることがありませんか?今までと同じことをしているつもりなのに「どうして?」って突然わからなくなりますよね。そんな時はどうしたらよいのでしょうか?
動画での自己分析 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
自分のスイングを動画で見たことはありますか?今はビデオなどがなくても携帯で簡単に動画が撮影される時代になりました。ぜひ、一度自分の動画をとって見ることをオススメします。
スムーズな体の動かし方 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフスイングでは機械的に正確にボールを打つ練習も必要ですが、体をスムーズにかつリズム良く動かす練習が必要です。今回はぎこちない動きにならない方法をお届けします。