ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

当サイトではたびたび、ゴルフを練習するときのイメージの大切さをお伝えしています。映像としてのイメージも大切なのですが、言葉のイメージについて考えたことがありますか?

 

たとえば今回のテーマである「体重移動」はどう考えたらよいでしょうか?

 

結論から言うと、私達にとって「体重移動しろ!」は「スエーしろ!」と勘違いさせる言葉だと考えられます。
体重移動を”やりすぎている”とイメージしていただければいいと思います。

 

飛距離アップを目指すときにも体重移動は絶対必要なのですが、アドレスで作ったときの体の軸をインパクトでも同じ状態に再現できる
体重の移動でなければ意味がありません。

 

今までは、体重を右足に乗せてとよくいわれました。
どれだけの方が軸をぶれさせないまま、体重移動が可能でしょうか。
まず無理ですよね?

 

 

 

そこで当サイトでは具体的な体重移動を考察する前に、「やじろべえ」を思い出していただきたいと思います。

 

体重移動

 

もし、釣り合っているやじろべえの左のおもりを右に持ってきた場合、当然右に傾きます。ゴルフで考えると、釣り合っている状態のアドレスから右手、左手、クラブを右に振るわけですから、おもりは右に移動している状態です。

 

つまり、「体重の移動」というより「おもりの移動」と考えます。

 

重さが右に移動して、体も脚もそれに逆らっていることになるので体重移動の意味を十分に果たしています。

 

このイメージは「過度に体重移動しないでくださいね」ということをお伝えしたいだけなので、実際のスイングで行なうことはありません。

 

ただし繰り返しになりますが、アドレスで作った軸を再現できない体重移動はやり過ぎ!ということを覚えておいたほうが、劇的にスコアアップする効果があると思います。直立して足の裏だけで体重移動しても、十分、体は動きませんか?これで体重移動はできています。

 

ゴルフの場合は、肩幅にまで足を広げています。ということは・・・

 

体重移動はゴルフ上達の奥義ともいえます。

 

私の方で、またいいイメージが見つかりましたら、お伝えしていきたいと思いますが、アナタもぜひ、体重移動の重要性はもう一度考えてくださいね。

関連ページ

間違いだらけの「腰を回せ!」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフ練習場に行くと「腰が回ってないよ」「体が止まってるね」などの声が隣の席から聞こえてきたりします。間違ってはいませんが、重要なポイントを理解しておかないと上達が遅くなるようにうに思います。今日は「腰を回せ!」です。
間違だらけの「肩を回せ」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
「手打ちだよ。もっと肩を回して!」あなたも一度は言われたことがあるのではないですか?そして「左肩が右のつま先に乗るぐらいまで回して!」と追い打ちをかけるようにアドバイスされます。間違ってはいないのですが・・・