ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

有村智恵

「腰を回せ!」とは、あなたも一度は言われたことがあるのではないでしょうか?
プロゴルファーは「腰をきる」といった表現をする方もいらっしゃいます。

 

今日はこの表現のどこが間違っているのかを検証してみたいと思います。

 

今まではゴルフを教える側の人は、大半がツアーで活躍してきた名プレーヤーたちでした。
筋トレもゴルフの練習量もケタ違いです。
私達とは基礎体力が違います。

 

「ブレない軸」を持ったプロたちは、実はアマチュアが想像できないほどの”手の振り”をもっています。
簡単にいえば、手の振りと”腰のキレ”を同調させて、飛距離の出るストレートボールを打っています。

 

 

 

さて、アマチュアがこれを言われて犯しやすいミスは「腰が開いている」「体が流れている」「振り遅れている」などです。

 

「腰を回せ」は正しい理論なのに、それだけを強調して捉えられるために、その他の部分がおろそかになるために、ミスショットになると考えられます。
腰の回転を意識した時でも、「回転力を上げても全体を同調させるぞ」という意識を大切にしてほしいと思います。

 

もしあなたが、「腰を回している」つもりでも、思い通りの球筋で飛んでいかない場合は、イラストのような練習法はいかがでしょうか?
私の場合は、本番で少しリズムが悪くなりかけたときに使用しています。

 

クラブと同調

関連ページ

間違いだらけの「体重移動しろ!」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
体重移動と紙一重にあるのがスエー。正しい体重移動とスエーの違いがわかればドライバーの飛距離もアップしますしボールの方向性も格段に向上します。では、この2つを分けてしまう”紙一重”とは何でしょうか?詳しく解説したいと思います。
間違だらけの「肩を回せ」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
「手打ちだよ。もっと肩を回して!」あなたも一度は言われたことがあるのではないですか?そして「左肩が右のつま先に乗るぐらいまで回して!」と追い打ちをかけるようにアドバイスされます。間違ってはいないのですが・・・