ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

「肩を回せ」の勘違い

ゴルフスイングにおいて「肩を回す」うえで注意しなければいけない点が大きく分けて2つあると思います。

 

タイガーのトップ位置

 

まず1つ目は人間は一人一人体の柔軟性が違うという点。

 

たとえば、アメリカの飛ばしで有名なジョン・デイリーはトップの位置で左肩が右つま先を追い越す位置までまわります。彼は体が柔らかいのでこの位置まで何の抵抗もなく回すことができます。
しかし、前屈運動で両手つま先が弁慶の泣き所ぐらいまでしか体を曲げれない人に、ジョン・デイリーのマネをさせれば下半身が相当動かなければ無理だということは、容易に想像がつくのではないでしょうか?ですから、自分がちょっときついというぐらいのところまで上半身と下半身のねじれの差が実感できる程度でOKだと考えられます。

 

さて2つ目が重要なポイントです。
「もっと肩を回せ」には「〇〇に対して」という指示がありません。
正しい言い方をすれば「背骨のラインに対して直角にに肩を回せ」という表現になります。これは、先ほどの体の柔軟性が大きく影響してきますので、イラストで説明したいと思います。

 

肩を回せの間違い

 

イラストを見ていただければ一目瞭然ですが、「肩を回せ」「水平に回せ」は「〇〇に対して」の指示がないため多くの人が地面に対して並行に回す傾向にあります。
直立している状態ならば正しいのですが、ゴルフスイングの場合はアドレスで前傾しているためゴルファーの感覚では左肩がかなり地面に近づく感覚になります。

 

しかし「ギッタンバッコンしてはいけない」とか「このまま左肩を下げたらダウンスイングは反動でダフるのではないか」などのいろいろな不安にかられ、結果的には起き上がった力感のないトップになってしまいます。

 

そして間違ったトップから最初のアドレスに戻すためにはまた元の位置まで前傾しなければいけない事がおわかりになるでしょうか?これを1秒前後と言われる一回のスイングのなかで行なうわけですから再現性が低いことは明らかです。

 

あなたが練習場でスイング・チェックする場合は、鏡で後方からの姿を移し前傾がキープできたまま肩のラインが動いているかという点に気をつけてスイング修正を行うことをオススメします。

 

このイメージが身につき始めると、今までよりも力の入ったスイングになりますので確実に飛距離はアップします。ぜひ、一度お試し下さいね。

関連ページ

間違いだらけの「腰を回せ!」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ゴルフ練習場に行くと「腰が回ってないよ」「体が止まってるね」などの声が隣の席から聞こえてきたりします。間違ってはいませんが、重要なポイントを理解しておかないと上達が遅くなるようにうに思います。今日は「腰を回せ!」です。
間違いだらけの「体重移動しろ!」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
体重移動と紙一重にあるのがスエー。正しい体重移動とスエーの違いがわかればドライバーの飛距離もアップしますしボールの方向性も格段に向上します。では、この2つを分けてしまう”紙一重”とは何でしょうか?詳しく解説したいと思います。