ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

グリッププレッシャーを考える事によって、いちばん恩恵をうけるのが”ヘッドスピード”のアップです。

 

よく例えられることですが、ムチを打つとき、ムチをしならせるために手元をギュッと握っていては素早くムチを打つことはできません。
スムーズに目的とする場所に”パチン”と力を伝えるためにも、手元は柔らかく握りませんか?

 

また、草刈鎌を使って草をかることを想像してみてください。
この時重要なのは手首の柔らかさになりますが、グリッププレッシャーを強くしたままでは手首をスムーズに動かすことができません。

 

ただし、先ほどのムチと違う点が、「草の抵抗に負けない程度」の力が必要ということです。

 

なので、わたしはゴルフの場合は草刈りの時のプレッシャーをイメージしています。

 

草刈り鎌は一般的なもので150g前後となります。
くらべてドライバーは300g前後、アイアンは5番だけ見れば430g前後になります。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、草をかるときの抵抗とボールを打つときの衝撃が、わたしには同じような感じでいちばんイメージしやすいのです。

 

 

時々グリッププレッシャーについて「生卵を割らないようにそっと」とか「手の中に行きものがいて殺さないように」という例えで、極力柔らかく握ることを進めている場合がありますが、私自身はこれには少し反対です。

 

理論的には正しいのですが、柔らかく握りすぎると人間は感覚的に「インパクト」では必要以上に強く握るようになってしまいます。

 

柔らかく握る➡たよりない➡不安に思う➡当たり負けしないようにと考える➡バックスイング、切り返し、インパクトなどの力を必要とする場面ででは逆に力を入れてしまう

 

実際にクラブを持ってグリップをする際は、九分ヘッドの重みを感じなおかつ当たり負けしない程度のグリッププレッシャーは必要だとおもいます。

 

コースに出た時は、ついつい力が入って強く握りがちですが、この時は強さばかり考えると逆効果になります。
こんな時は、深呼吸して左肩と左肘の力を抜くことを意識してください。

 

ほら、自分に必要なグリッププレッシャーになったりしませんか?

 

 

関連ページ

グリッププレッシャーの具体的方法 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
グリップをにぎる強さは”ゆるゆるで”と言われますが、この”ゆるゆる”には、スイングに悪影響を及ぼす場合があります。それはなぜでしょうか?また、どんなことに注意したらいいのでしょうか?