ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

クラブを握る強さで、一番してはいけないことは”ギュッ”と強く握ることです。

 

このたとえも一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、あなたが今から野球のボールを投げるとします。このときボールを強く握ると、まったく手首のスナップを活かしきれないのがお分かりになりますか?

 

この状態では、当然、速いスピードでボールを投げることはできません。
ゴルフクラブの握り方も、この原理とまったく同じなので、手の関節を柔らかく使えるくらいの強さで握るのが、ベストだと考えられます。

 

この表現を、ゴルフ雑誌等では”ゆるゆるで”という表現を使いますが、この言葉のイメージがクセモノなんです。

 

アマチュアはこの言葉をきくと、体全体の力をダラっとさせがちなので、左脇があいたり、振り遅れたり、クラブが寝て入ったりとさまざまな弊害を巻きおこします。

 

 

 

では、どんな強さのイメージがよいのでしょうか?

 

下のイラストをご覧になってください。

 

柔らかく握る

 

この左手の握り方は当サイトのオススメの握り方です。

 

 

 

全体的には”卵を包み込むように”なんですが、小指だけは卵を握らず、ほかの指よりも少しだけ強く握ります。

 

他の指との差をつけることで、特にダウンスイングで左脇が締まり、”クラブが寝る”ことの防止になります。また、小指を支点にする感覚が生まれますので、ヘッドスピードもアップします。

 

つまり、一石二鳥ですね。

 

特に、コースでは緊張してついつい強く握りやすいので、突然崩れた時などは深呼吸をしてグリップのチェックをするとリセットできますよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

関連ページ

グリッププレッシャー | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
当サイトでは左一軸打法を推奨していますが、その際どんなグリップを取り入れればいいでしょうか?