ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

正しいフォロースイングを手に入れるためには、実は切り返しから始まっています。

 

結論からいえば、切り返しからダウンスイングに移る際、クラブヘッドが寝る動きが入るとボールは右へも左へも曲がる可能性が多くなります。
”クラブヘッドが寝る”とは、飛球線後方からスイングを見て、クラブヘッドが一瞬地面の方にたれて、シャフトは地面の平行線に近づく感じになることを言います。

 

クラブの構造上、ヘッド側が重いので物理的にしょうがないことですが、できればなるべく縦方向に下ろすのが理想です。

 

現在、クラブヘッドが寝て入ってくるところを職人気質でクラブをさばき、常に活躍する選手といえば、ジム・フューリックや池田勇太プロなどがそうで、よほど感性豊かでないと、アマチュアには再現性の少ないスイングといえるのではないでしょうか。

 

話は少しそれましたが、フォロースイングまたはクラブヘッドが抜けていく場所の目標はありますが、正しい表現をすれば「フォロースイングは作るものではなく、作られるもの」と考える方がいいと思います。

 

ここで、自分のゴルフを振り返ってみましょう。

 

コースに出て、まったく意識せずに綺麗にフィニッシュがとれることが時々ありませんか?
その時に、インパクトやフォローの場所などまったく意識していないと思います。

 

クラブヘッドが正しい軌道をとったため、変に小細工をすることなく、ヘッドの重さに任せてスイングできた結果ではないかと思います。

 

我々が(私が)求める”フォロー”とはまさにこのことを指しています。

関連ページ

ヘッドを急加速させる方法とは?「その一」 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
ドライバーでもアイアンでもパターでも、これだけは避けたいこととは?そうならないためのスイングの注意点は?