ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

お気づきの方もいるとおもいますが、本サイトでは「切り返し」の項目を設けていません。なぜなら、バックスイングからトップに向かい、そこからスムーズにダウンスイングをおこなった場所が「切り返し」になると考えるからです。

 

「切り返し」を考えるあまり、体の動きが止まることが、一番してはいけないことと考えています。

 

ゴルフに熱心な方は、ゴルフ雑誌には「切り返しの仕方」が書いてているとか、プロは一瞬、トップで止まっているようにみえる位置があり、そこが”切り返し”によって起こるものと解説されています。

 

どちらも正しいとおもいますが、当サイトではあくまでも「切り返し=バックスイング→トップ→ダウンスイング」の中で、スイングの方向が変わる位置とだけ認識して、あえて意識しない通過点という考え方にしたいからです。

 

バックスイングから逆の方向に進む地点を切り返しとあえて呼ぶならば、この場所でゴルファーが一番してはいけないことが「クラブが寝る」ことだと思われます。

 

”クラブが寝る”原因はいくつか考えられますが、ほとんどは”過度な体重移動”にあります。

 

当サイトオススメの左軸スイングも、厳密にいえば体重移動していないわけではありません。

 

よく「スタンスの幅の中での体重移動が一番良い」といわれますが、普段からトレーニングしていないアマチュアでは、この体重移動だけでも”スエー”になると思われます。

 

では、クラブを寝ないようにするためにはどうしたらいいかは別のページでお伝えします。