ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

右ひざ”は、ゴルフスイングにおいてかなり重要なポジションにあります。

 

100切りを目指している方は、”右ひざ”だけを気にするだけで、簡単に100を切れるようになると言っても過言ではないでしょう。
そして、この使い方をマスターしてしまえば、飛ばしにもスコアアップにもワンラン上野ゴルフを身につけることができます。

 

では、右ひざはどう使えばいいのでしょうか?

 

今日はバックスイングでの右ひざの注意点をお届けします。

 

気をつける点は、たったこれだけです。

 

「伸ばさない!」

 

たったこれだけでいいのです。

 

まず、バックスイングからトップまでは、できるだけ伸ばさないことを心がけたほうがいいでしょう。

 

別の言い方をすれば、アドレスで軽く曲げた膝の角度は、絶対変えないということです。

 

クラブを持たない状態で、一度やってみませんか?

 

この”右ひざの使い方”ができていない人は、「えっ、こんなにキツイの?」と思いませんでしたか?

 

でも、この”キツイ”は”パワーを貯めている”と言い換えることができます。
つまり、”飛ばしに”非常に有効なのです。

 

と同時に、”キツイ”は”土台が固定されている”にも言い換えれます。
つまり、このヒザの使い方で、安定感も生まれます。

 

ここで、タイガー・ウッズの後方から見た写真をなぞって、アドレスとハーフバックのイラストを作り
実際に重ねあわせてみました。

 

少しだけ体の線が太くなっているのは、多少のズレが生じているためです。

 

migihiza

いかがですか?

 

ほとんど動いていいないことが、お分かりいただけたでしょうか?

 

「右ひざを動かさない=土台が動かない」は、上半身と下半身との捻転差が生まれ、トップからダウンスイングで一気に開放する準備をしているわけです。

 

また、右ひざが伸びたり縮んだりしないことで、ボールへのコンタクトが、より正確さを増します。

 

さらに、この右ひざの角度キープは”即実践”に使うことができるのが最大のポイントです。

 

ラウンド中に調子が悪くなったとき、まず”右ひざ”に意識を注ぐだけで、すぐに調子を回復するkとができます。

 

ぜひ一度試してみてくださいね。

関連ページ

始動はどこから? | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
目の前の一打を限りなく大切にすることで、パープレーを目指します!もちろん、その先の「アンダーパー」の世界も手に入れよう!過去のスイング理論から最新理論までを徹底研究するサイトです。