ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

アプローチの基本のピッチ&ランデスコアを縮めましょう!

 

ミドルホールのセカンドショットやロングホールのサードショットをグリーン周辺まではこんできました。
気分的には「パーオンしなかったか・・・」とお思いでしょうが、ピンまで15ヤード前後なら「あとは寄せればいいんだ」と楽に考えられるようになるために、自信を持って望めるアプローチを身につけたいものです。
そこでグリーン周りのアプローチ 今回はピッチ&ランです。

 

ピッチ&ランは名前のとおり少し飛ばし、その後転がして寄せる方法です。持つクラブはピッチング・ウェッジがいいとおもいますが、アプローチ・ウェッジなどを手にする上級者の方もいらっしゃいます。。
そしてキャリー(打った場所からボールが落ちる地点まで)とラン(転がる)距離が同じぐらいと考えましょう。

 

ピッチ&ランはアプローチの基本中の基本ですから、「キャリー半分、ラン半分」と心で叫びながら打つといいと思います。

 

距離感をつかむには練習でつむしかないのですが、ピッチ&ランを含めアプローチショット全般にいえることは、落とす場所を決めたら、そこまで飛ばすことしか考えないようにしましょう。

 

ピッチ&ラン

 

上の図の場合は赤い円の中に入れることを考えてアプローチしているところです。
そして距離感がわかったら今度は転がるボールの行方を考えましょう。

 

スライスラインに落ちる場合は少し左側、フックラインの場合は右側。
さらに下り傾斜に落ちる場合は赤い円を自分側にずらし、上り傾斜に落ちる場合は少しピン側に考えればピッチ&ランの基本はできあがります。

 

この基本パターンを1つ持つだけで、打ち方も変えずクラブを取り替えるだけでバリエーションが増えてきます。
アドレスは通常のショットよりはオープン気味になりますが、大きく変える必要もありません。

 

ちなみにアプローチショットをなぜオープンでかまえるかというと、大きな体重移動をする必要がないので、最初からインパクト~フォローにかけての形を作っておくからです。

 

地味ですが、ドライバーやアイアンの練習よりもスコアは縮まります。
シングルプレーヤーの中にも、できるだけシンプルなアプローチしか行わないという方もいらっしゃいます。
ぜひ、この基本は押さえておいてくださいね。

関連ページ

アプローチの種類と心構え | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
グリーン周りのアプローチは基本的に3種類に分けられます。ピッチショット、ピッチ&ラン、ランニングです。今回は心構えをお話したいと思います。
アプローチの種類 ピッチショット | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
今回はピッチショット。ボールとピンの間にバンカーや池があった場合、ランニングもピッチ&ランも不可能な時に使うショットです。意外と使用頻度が高いですよ。
アプローチの種類 ランニング | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
アプローチの種類、最終回はランニングショットです。アプローチの中でも一番イメージが掴みやすいと思います。ポイントは自分のイメージに合うクラブ選択になります。