ゴルフスイングは科学。ゴルフの最新理論を取り入れベストスコアを更新しよう!

練習場とコースでのボールの位置は基本的に変わってきます。

 

唯一同じなのは”ドライバーだけ”です。
なぜならば、平らなところでティアップしたボールを打つからです。

 

それに対して、セカンドショット以降は自然が舞台ですから
同じ状況はほとんどありませんよね。
その都度、微妙に変化することになります。

 

この違いをしっかり認識しつつ、基本的なボールの位置を知りましょう。

 

では、何を意識すればよいのでしょうか?

 

「重心位置」です。

 

position

 

基本のアドレスがとれたら、自分の重心がどこにあるか意識してください。
私がオススメの左一軸の方は、左の足と体の付け根あたりに重心がくると思います。

 

その延長線にある地面が、おおよその自分の重心位置だとわかったら、
この部分が”スイングの最下点”となります。

 

私の場合は、ドライバーはアッパー気味に打ちたいので、この線のボール1個分左
アイアンはダウンブローで打ち込みたいので、ボール半個分右側を基本としています。

 

重心は人によって左足寄り、真ん中寄り、右寄りとさまざまなので、ボールの位置は
ココだ!と決まった場所はありません。

 

レッスン書を読むと、ひとくくりに「ボールの位置はココだ」などと書いてあるので
その都度、いろんな意見が飛び出すことになり、私達を迷わせています。

 

この基本を抑えた上で、傾斜なりの対応を加えていった方が
アレンジしやすいと思います。

 

傾斜でのボールの位置については、また別の機会にお話したいと思います。

関連ページ

体の前傾 | ゴルフスイング徹底研究とスコアアップ
アドレスでの前傾を気にしていますか?この部分を気にすることでショット精度が上がります。